--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社キナン不当解雇の概要

2009年10月22日 12:47

┌┐
└■ 株式会社キナン鳴尾浜温泉の不当解雇と差別発言
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆経緯
2009年6月末に、尾崎さんは、温浴施設、熊野の郷の一部門であるマッサージ部門の面接をし、(尾崎さんは男でも女でもないと考えているので、性別記載覧を空白にしていました)、7月1日から研修が始まり、その際にIDの提示を求められ、尾崎さんは性別記載のない運転免許書を提示しました。ところがその二日後の7月3日に再度「性別記載のあるIDをチェックさせて欲しい」と会社側から申し出があり、尾崎さんが「尾崎日菜子(男)」と表記のある健康保険証を提示したところ、熊野の郷側は「性別を偽る人物は信用できない、他の従業員が悪い風評を流すおそれがある、顧客がクレームをいうおそれがある」といい、「ここで働くのは難しい、研修を終了する」と一方的に通告してきました。尾崎さんはこの通告を事実上の解雇通告だと受け取り、熊野の郷を退職しましたが、この解雇は不当だと考え、ユニオンぼちぼちに相談し、解雇撤回と職場復帰、セクハラ発言に対する謝罪を求めて闘っています。しかし、会社側は謝罪するどころか、団交にも応じようとしていません。

◆セクハラ発言
尾崎さんは、熊野の郷の支配人から解雇を言い渡される際に、「君の横顔は男に見える」「良いとか悪いとかではないが君は他の人と異なっている」という発言を受けました。尾崎さんは横顔を指され異分子扱いされたことにひどく消耗し、傷つきました。さらに支配人は解雇を言い渡す際に、「前の職場の近くにゲイのハッテン場があり、そこから流れてくるゲイを追い払った」と自慢げに語りました。これはトランスジェンダーである尾崎さんを雇うと、熊野の郷がハッテン場になってしまうとほのめかした発言で、尾崎さんに対する直接的な差別発言であると共に、ゲイに対する差別発言でもあります。しかも、支配人個人だけでなく、株式会社キナンはこの発言に対する謝罪を一切行わず、開き直りともとれる見解を繰り返しています。株式会社キナンは会社ぐるみでセクハラを認める、性差別企業です。

◆私たちの主張――解雇理由への反論
私たちの主張は、会社側にはセクシャルマイノリティが従業員にいた場合、すぐに解雇するのではなくて職場環境に配慮する義務があるというものです。
◇「従業員が不安になる」という会社の言い分に対して 
⇒「トランスジェンダーと一緒に働くことに不安をもつ従業員がいた場合には、その従業員を教育して、トランスジェンダーに対する不安を取り除く必要があります」

◇「顧客からのクレームが予想される」という会社の言い分に対して
⇒「実際には、尾崎さんは顧客から何のクレームもつけられていないにもかかわらず、クレームのリスクだけを理由に解雇されました。もし仮に顧客が、尾崎さんが男であるという理由でクレームをつけたとしても、その顧客からの不安にひとまずは会社が対応すればすむはずです。仮にその顧客が理解してくれなかったとしても、それならば性別を気にしない他の顧客の施術を尾崎さんが担当すれば問題はないはずです。熊野の郷の一部門であるマッサージ部門では、同室に男女の客がおり、施術するマッサージ師も男女混合です。マッサージ師の男女二区分の性別は不必要な職場なのです」

◇「経歴詐称」という会社の言い分に対して
⇒「尾崎さんは正直に男でも女でもないので履歴書の性別記載覧を空白にしました。職務内容と性別は関係ないからです。そして実際に会社は尾崎さんをいったん採用しました。尾崎さんについての信用を、仕事とは関係のない性別ではかること自体がそもそも問題なのであり、今回の会社の態度はトランスジェンダーに対する差別的な対応です。マッサージする施術者はその職務内容からして、指の太さ、圧の強さ、接客態度で顧客から評価されるべきで、その人の性自認や性的指向性は問題ではありません。にもかかわらず、尾崎さんの性自認(トランスジェンダーであるという生のありかたそのもの)を理由に解雇した、株式会社キナンは、性の多様性を否定する差別企業です。」

以上のように、熊野の郷が述べた解雇理由は全てが納得しがたいものであり、この解雇は性別(性のあり方)を理由とした不当解雇、差別であると私たちは考えています。

◆株式会社キナンへの要求
以上の経緯により、ユニオンぼちぼちは、株式会社キナンの経営する「熊野の郷」に以下のことを要求しています。
1 株式会社キナンはすぐに話し合い(団体交渉)に応じること
2 解雇を撤回して職場に復帰させること
3 トランスジェンダーなど性的マイノリティへの理解を社内で深め、セクハラ発言を謝罪して再発防止の仕組みを作ること

皆様には、以上の経緯をご理解いただき、尾崎さんの闘いに協力・支援してくださるようお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


コメント

  1. transbotiboti | URL | -

    Re: 私も解雇されました

    一度ぼちぼちまで詳細をメールしていただけましたら、お手伝いできることもあるかと思います。
    botiboti@rootless.org
    までご連絡をお願いします。

    > 夜勤のパートをしていたのですが、夜勤は社員にさせるからと、解雇予告がありました。私が辞めて1ヵ月ぐら

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://transbotiboti.blog89.fc2.com/tb.php/1-e2c08365
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。